FC2ブログ

陵辱小説 制裁レイプ

制裁レイプ

 高慢なセレブ…

  威張った女社長…

   無礼な新入社員…

「いい気になりやがって!制裁を加えてやる!」

この世に蔓延る 悪女を捕らえ 
 甚振り 脅かし 辱め 泣き喚いても許さない  
  陵辱恥辱の限りを尽くし 思い知らせるこの怒り


このよにはびこる あくじょをとらえ
 いたぶり おどかし はずかしめ なきわめいてもゆるさない
  りょうじょくちじょくのかぎりをつくし おもいしらせるこのいかり 

「陵辱小説 制裁レイプ」





当ブログの小説には、性的・暴力的表現が含まれています。
18歳未満の方や、小説と現実の区別が付かない方には悪影響を及ぼす危険があります。
そのような方たちのご訪問は遠慮願います。→退出口

【注意】
当サイトではレイプをテーマとしたオリジナル創作小説を掲載していますが、決してレイプを推奨しているわけではありません。レイプは重大な犯罪です。決して生身の女性を傷つけるような行為は犯さないで下さい。
また、ブログ内全てのコンテンツにおいて、無断での転記転載はご遠慮下さい。



制裁の続きは>>>セレブ娘を即アポ
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

陵辱小説リスト

「陵辱小説 制裁レイプ」 作品リスト



制裁の続きは>>> セレブ娘を即アポ

セレブ令嬢を制裁レイプ 第10話

私の股の中心に腰を激しく叩きつけていた使用人が、上から私の泣き顔を覗き込んでいます。その表情は、まるで餌をおあずけされていた野獣が、やっと獲物にありついたかのようでした。

「謝れ!! 私が悪うございました ごめんなさいって言ってみろ!!」

「ヒッ ご… ヒッ ご… ヒッ めん ヒッ なさい…」

泣きじゃくりながらの不本意な謝罪に、プライドが音を立てて崩れ落ちました。
(こんな使用人にバージンを奪われて 脅かされて謝らされるなんて…)
打ちひしがれた私の耳に、使用人の怒鳴り声が再び響きました。

「反省が足りない!!!!! 100回謝罪しろ!!!!!」

「ギャァァァァ!!!」

再び膣内で激しく動き出した肉棒は、内壁にへばりついている処女膜を引き剥がし、酷い苦痛を与えてきました。膣の中に差し込まれたカミソリを、縦横無尽に掻き回されるような痛みが膣穴から脳髄まで突き抜けてきます。

「もぅ! もぅ止めて下さい!!! やめてぇぇぇぇ!!」

いくら哀願しても、使用人の暴行は終わりを告げません。自慢の髪は無残にも引きちぎられ、度重なる平手打ちに鼻血は止まらず、口内に詰め込められた砂に咳き込んだ私は、泣き叫びながら恐怖の時間が過ぎ去るのを待つしかありませんでした。

やっと使用人が身体を離しました。
泣きじゃくる私をうつ伏せにさせると、背中に足を乗せて力を入れてきたのです。

「土下座をして今までの非礼を謝れ!!」

「ご… ごめんなさい… ぁ… ぃゃっ いやぁぁぁあぁぁあ!!」


レイプ



青い空、広い海、白い砂浜…
それらは私の叫び声を飲み込み、
そ知らぬ顔で犯され続ける私の痴態を見つめていました。


END


テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

| TOP | NEXT